市谷から四谷にかけて寺社を中心に散策するコース。戦災を免れた貴重な文化財がのこる寺社は見ごたえ十分。新宿歴史博物館では、常設展示で新宿区の歴史や文化について時代を追って学ぶことができる。

JR・東京メトロ・都営地下鉄市ヶ谷駅

徒歩4分
(250m)
①市谷亀岡八幡宮

徒歩14分
(900m)
②浄瑠璃坂の仇討跡

徒歩17分
(1.1km)
③経王寺

徒歩5分
(300m)
④幸国寺

徒歩24分
(1.6km)
⑤西迎寺

徒歩3分
(200m)
⑥全勝寺

徒歩11分
(700m)
⑦新宿歴史博物館

徒歩9分
(600m)
⑧尾張徳川家上屋敷跡

徒歩11分
(700m)
JR・東京メトロ四ッ谷駅

START

JR・東京メトロ・都営地下鉄「市ヶ谷」駅

徒歩4分(250m)

POINT 1

市谷亀岡八幡宮

市谷いちがや亀岡かめがおか八幡宮はちまんぐう(説明板あり)

新宿区市谷八幡町15
旧市谷村の鎮守社。太田道灌おおたどうかんが江戸城鎮護のため鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請したと伝えられる。文化元年(1804)造立の銅鳥居は区内唯一の銅造の鳥居。社殿脇はに七つの力石ちからいしがある。太田道灌が奉納したといわれる軍配ぐんばい団扇うちわ(非公開)も伝えられる。


徒歩14分(900m)
POINT 2

浄瑠璃坂

浄瑠璃じょうるりざか仇討あだうちあと(説明板あり)

新宿区市谷鷹匠町・払方町境、浄瑠璃坂上
寛文12年(1672)2月3日、奥平源八が父の仇を討つため奥平隼人宅に討入りをした浄瑠璃坂の仇討が行われた場所。伊賀越え、忠臣蔵とともに江戸時代の三大仇討と称される。


徒歩17分(1.1km)
POINT 3

経王寺

きょう王寺おうじ(説明板あり)

新宿区原町1-14
日蓮宗の寺院。大黒天像だいこくてんぞうは、日法上人の作。慶長3年(1598)に身延山より移されたと伝えられる。新宿山ノ手七福神の一つ。


徒歩5分(300m)
POINT 4
幸国寺

こう国寺こくじ(説明板あり)

新宿区原町2-20
日蓮宗の寺院。江戸時代後期の建築である山門は右脇に番屋が付属する。門前には区内最大の題目塔が建つ。境内には珍しいライオンの彫刻がある日蓮聖人六百遠忌報恩塔や樹齢約500年のイチョウの大木2本がある。


徒歩24分(1.6km)
POINT 5
西迎寺

西迎さいこう(説明板あり)

新宿区舟町13
浄土宗の寺院。銅造阿弥陀如来座像は、元禄7年(1694)旗本伏見勘七郎為智の寄進による青銅製の丈六像(立った場合の身の丈が一丈六尺という意味)。表情がおだやかで美しい。同じ寄進者による梵鐘もある。


徒歩3分(200m)

POINT 6

全勝寺

全勝ぜんしょう(説明板あり)

新宿区舟町11
曹洞宗の寺院。吉田松陰らに影響を与えた江戸時代中期の思想家、兵学者・山県やまがただいの墓がある。明和4年(1767)の没。


徒歩11分(700m)

POINT 7

新宿歴史博物館新宿歷史博物館

新宿区四谷三栄町12-16
新宿区の歴史や文化の拠点として開設した郷土博物館。常設展示のほか、年数回の特別展・企画展、講座・講演会や見学会などの事業を開催している。図書室や収蔵庫に新宿区に関連する資料や図書を収集・保管し、公開・活用している。第二・第四月曜日(休日にあたる場合はその翌日)、年末年始は休館。9時30分から17時30分。展示見学は有料(企画展で無料のものもあり)。


徒歩9分(600m)

POINT 8

尾張徳川家上屋敷跡

市谷本村町の大部分
明暦2年(1656)尾張徳川家の二代藩主光友の時、上屋敷として拝領する。明治維新後は陸軍用地となり、陸軍士官学校や陸軍省がおかれた。戦後は自衛隊市谷駐屯地等がおかれ、平成12年(2000)から防衛省となっている。士官学校当時の建物で、戦後、極東国際軍事裁判(東京裁判)の法廷となった1号館の一部を移築・復元した市ヶ谷記念館は、月~金曜日の午前と午後各1回、事前予約により見学できる。


徒歩11分(700m)

GOAL

JR・東京メトロ「四ッ谷」駅