妙正寺川、神田川に沿った散策コース。落合の地名の起源にもなった地域。牡丹で有名な薬王院は境内の石造品も見どころ。将軍家の狩猟場であったおとめ山公園は湧水でホタルの生育を行う。若くして亡くなった洋画家・中村彝と佐伯祐三の記念館もある。

JR・東京メトロ・西武・高田馬場駅

徒歩6分
(400m)
①田島橋

徒歩14分
(900m)
②落合橋

徒歩6分
(400m)
③薬王院

徒歩3分
(200m)
④庚申塔

徒歩8分
(500m)
⑤おとめ山公園

徒歩8分
(500m)
⑥中村彝アトリエ記念館

徒歩15分
(1km)
⑦佐伯祐三アトリエ記念館

徒歩9分
(600m)
西武下落合駅

START

JR・東京メトロ・西武・高田馬場駅

徒歩6分(400m)

POINT 1

田島たじまはし

磐城平藩主安藤但馬たじまのかみが狩りに行くとき通ったから名づけられたという。


徒歩14分(900m)
POINT 2

落合橋

神田川と妙正寺川が落ち合うので地名となった「落合」合流点に近い橋なので名づけられた。


徒歩6分(400m)
POINT 3

やく王院おういん

新宿区下落合4-8-2
真言宗豊山派の寺院。牡丹寺として有名。奈良の長谷寺から移植した牡丹が4~5月に見事に咲きほこる。梵鐘や中世の板碑いたびもある(共に非公開)。


徒歩3分(200m)
POINT 4

下落合二丁目の庚申塔こうしんとう

新宿区下落合2-8-2(氷川神社鳥居の向かい側)
文化13年(1816)造立。青面金剛像の下に邪鬼と三猿を配し、左右両面に道しるべが刻まれている。もとは道の反対側にあったと思われる。


徒歩8分(500m)
POINT 5

おとめ山公園

新宿区下落合2-10,11
江戸時代は将軍家の狩猟地。立入禁止を意味する「御留山おとめやま」が起源。「東京名湧水57選」のひとつで、昔はホタルが棲息していたが、今は園内で人口飼育している。毎年7月初旬頃ホタル観賞の夕べを開催している。4~9月は7~19時、10月~3月は7~17時開園。


徒歩8分(500m)

POINT 6

中村なかむらつねアトリエ記念館(説明板あり)

新宿区下落合3-5-7
洋画家・中村彝(1887~1924)が、大正5年(1916)に建てたアトリエを整備した記念館。「エロシェンコ氏の像」など代表作の数々をこの地で描く。


徒歩15分(1km)

POINT 7

佐伯さえき祐三ゆうぞうアトリエ記念館(佐伯公園)(説明板あり)

新宿区中落合2-4-21
佐伯祐三アトリエの地。洋画家・佐伯祐三(1898~1928)のアトリエを整備した記念館。大正10年(1921)に建てられ、この地で連作「下落合風景」を描く。


徒歩9分(600m)

GOAL

西武「下落合」駅