蜀江坂

  • 蜀江坂

画像数:1枚

所在地 北新宿一丁目と二丁目の境を北へのぼる坂     
ふりがな しょっこうざか
概要 ①この辺りは、江戸時代春日局の下屋敷があった。ここから青梅街道の北側に行ったところに、徳川家光が名付けた蜀江山があり秋の頃は紅葉が見事であった。平将門が蜀江錦の衣の袖を落とした伝説から、このような名が付けられたともいう。かなり長い坂道である。坂の上から超高層ビルが眺められ、錦こそないが、往年をしのぶにたりる名坂である。

②『豊多摩郡誌』に「蜀江山道は、豊多摩郡役所前より北上して蜀江坂となり、東へ、北へ、鎧神社の前を過ぎ、鉄道中央線路を超え、北行して百人道に合す」とある。

③当時「蜀江山」の北隣りには、家光の乳母春日局の築いた庭園があり、蜀江山の名に因んで「蜀江園」と称された。蜀江園は、寛政8年(1796)幕臣三上因幡守の抱屋敷・抱地となったが、維新の頃、この一廓を買い取って江藤新平が居住し、明治37年(1904)より数年間、文豪大町桂月が当園の中に借家住まいをしていた。